Collection: Trans Reality

Trans Reality#1 - Digital Objects



Masato Yamaguchi expresses through his art a pluralistic worldview that is based on the fusion of antagonistic elements such as the human and the machine, as well as the West and the East. While his works continue to feature the spiritual and cultural aspects of Japanese animistic religions, Yamaguchi’s artistic focus has shifted from his earlier works portraying multicultural Tokyo in the “MADE IN TOKYO” series exhibited in Tokyo and New York City, to his current works that are based on the idea of “trans-reality,” which go beyond Asia and even the world to animate oppositions such as the organic and the inorganic, as well as physical space and digital space. With painting as his primary medium, Yamaguchi creates stunning works of art that blend together contrasting ideas.
We will be exhibiting 6 new works created using a machine that was made and introduced after the previous exhibition “Prologue of Trans Reality.” Yamaguchi’s attempt to capture digital images in corporeal terms draws attention to the state of a dysfunctional society where virtual space has been severed from the reality which it ought to have been a part of. In “Digital Objects,” Yamaguchi uses derivative images from the Internet to construct a frame containing a canvas on which the machine automatically creates its work.
Yamaguchi discusses the idea of “trans-reality” as follows: “I wanted to express an identity that fuses the human with the machine. Is what humans see really the reality? Thanks to technology, we’re now able to peek into the world that used to be only visible to machines. ‘Trans’ means ‘on the other side,’ and accordingly, ‘trans-reality’ refers to the machine’s reality that presents itself to humans, or the human’s reality that appears to machines. Trans-reality integrates the human with the machine, and is a means of imagining a world in which antagonistic concepts such as myth and reality, the machine and the human, digital and analog, as well as the abstract and the concrete, are fused together.”
Please take this opportunity to enjoy the works of Masato Yamaguchi, which amalgamate the physical world and the virtual world, and dramatize the conceptual fusion of the human with the machine.

山口真人は、人間や機械、西洋と東洋、対比する存在を融合させた多元的な世界観をアートを通じて表現しています。日本のアニミズム的宗教観や文化感を持ちながら、初期はマルチカルチュアルな東京を描く「MADE IN TOKYO」をテーマに東京・NYC等で個展を開催、現在はアジアや世界それを超える有機質・無機質、物理空間・情報空間をテーマとした「トランスリアリティ」をテーマに活動をしています。ペインティング作品を中心に対比・対立するものを融合させ、完成された美しさを持つアートピースを制作しています。
前回「Prologue of Trans Reality」に続き専用に作成したマシーンを導入して制作した新作6点を展示いたします。デジタル上で発生したイメージを物質として絵画化する山口の試みは、本来現実の中にあるべき仮想空間との親子関係が崩れた社会の様子を示しています。「Trans Reality#1 Digital Objects」では山口はインターネット上派生したイメージをキャッチし、機械が自動的にキャンバスに作品を描くフレームを構築しました。
トランスリアリティのついて山口は語ります。 「私は人間と機械を融合したアイデンティティを表現したいと思った。人間がみた世界が本当の現実なのだろうか。テクノロジーの発展によって私たちは機械の側から見た景色を覗くことができるようになった。トランスは「向こう側の」という意味で、つまり「トランスリアリティ」は人間からすると機械の現実、機械からすると人間の現実を示す。トランスリアリティは人間と機械を統合する視点に立ち、虚像や実存、機械や人間、デジタルやアナログ、抽象や具象など、対立する概念を融合した世界を描く手段なのです。」 人と機械、物理空間と仮想空間が混ざり合い、融合する概念の視覚化を試みた山口真人の作品を、この機会に是非ご高覧くださいますようお願い申し上げます。

Trans Reality#0 - Prologue of Trans Reality

H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIより、山口真人個展「Prologue of Trans Reality」の開催をご案内いたします。 人類と機械、物理空間と仮想空間が混ざり合い、融合するような概念の視覚化を試みる山口真人。フランスの社会学者ボードリヤールは、ハイパーリアルを「虚構でありながら、本物にきわめて近い実在性をもっていること」とし、 世界がハイパーリアル化されることを危惧していました。山口は虚と実を統合し肯定的に捉えた概念として「トランスリアリティ」を掲げ、虚像や実存、機械や人間、デジタルやアナログ、抽象や具象、対立する概念統合の実証の手段として表現活動を行っています。 本展出品の作品制作は、山口がモチーフの決定、色彩や顔料の量のコントロールを行い、描画には山口が専用に作成したマシーンを導入。視覚表現の部分的機械化=描画手段の機械化によって、多数の乱数によって全く想像ができな いものが提示され、人間と機械が溶け合い奇跡的に完成したいくつかの作品を発表します。 この機会に是非ご高覧くださいますようお願い申し上げます。


じっと、見ている 1,120 x 1455 (mm) acrylic on canvas unique 2019

Her eyes were hollowly 彼女は虚ろな目をしていた 1455 x 1455 (mm) acrylic on canvas unique 2019

1 product
  • She just see
    She just see
    Regular price
    $3,200.00
    Sale price
    $3,200.00